ニキビに対抗するための栄養素

ニキビに良い栄養素とはいったい・・・?

ニキビに対抗するための栄養素

甘いものを食べるとニキビができやすいと言われるように、ニキビと食べ物には密接な関係があります。反対に、ニキビを防いだり、ニキビができている時に食べると良いと言われている食材もあります。ここでは、ニキビ対策になるような食べ物や栄養素について述べてみたいと思います。

ニキビ予防やニキビ対策に威力を発揮するのは、ビタミン類です。とくにビタミンB2、B6やビタミンCがニキビに効果的だと言われています。ニキビが気になる方は、これらを含んだ食材を積極的に摂取するようにしましょう。

まずビタミンB2の働きですが、これは脂質の代謝と深い関わりがあります。体の中にある脂質の代謝を助ける働きがあるので、ビタミンB2が不足すると余分な脂質がたまってしまい、ニキビができやすくなります。ビタミンB2の量が十分に足りていれば、脂質をコントロールすることができ、お肌の状態も良くなります。

次にビタミンB6ですが、これはタンパク質を作る働きがあります。そのためビタミンB6が足りないとタンパク質をうまく作ることができず、お肌の調子が悪くなってしまいます。ビタミンB6が十分に足りているとお肌のターンオーバーもスムーズに進行するのです。

そしてビタミンCはお肌にとても大きく関わっています。ビタミンCにはコラーゲンを作るはたらきがありますから、この栄養素が不足するということは、コラーゲンの量も足りなくなってしまうのです。

ビタミンCを十分に摂取するとお肌がいきいきとしてきます。それは、ビタミンCのもつ抗酸化作用とも関係があります。また骨が丈夫になったり、血圧を正常に保つなど、ビタミンCには多くの働きがあるのです。 またビタミンCを摂るとストレスにも負けない体になるので、このビタミンが不足するのは好ましくないと言えます。

ビタミン類は野菜や果物に多く含まれますから、こうした食材を毎日食べるようにするとニキビ予防になりますし、すでにできているニキビを減らすことにもつながるのです。