ストレスと生活習慣が及ぼすニキビへの影響

大人ニキビを作らないための生活習慣とは

ストレスと生活習慣が及ぼすニキビへの影響

ニキビが出来る原因は、実に様々あるのですが、今回は内面的な原因となるものをご紹介していきたいと思います。

まずは、睡眠や早寝早起きとの関係性についてです。睡眠時間を適度に確保する事で、正常な肌を作る事になります。睡眠不足や夜更かしは、お肌に大敵なんて言いますよね。十分に睡眠をとる事でも、規則正しい生活が出来るようになります。

生活リズムが安定すると、肌本来のバリア機能を高め、新陳代謝もアップしてくれるのでニキビの原因になるターンオーバーの乱れも防ぐ事が出来ます。

睡眠時間を、十分に確保する事で、脳を休ませてあげましょう。就寝前に、足元を温めたり、ストレッチなどで適度に運動する事でも、質の良い睡眠がとりやすくなります。そうすると、疲労感も翌日にはとれますし、朝起きた時も、すっきりと目覚める事が出来るでしょう。

就寝前は、刺激のある事だったり、脳が興奮状態になるような事は控えましょう。ゆったりと、リラックス出来ている状態で寝るようにする事も、もちろん効果的と言えます。部屋の明るさを暗くしたり、部屋の温度を適温に保ったり、アロマなどでリラックスしたりと気が落ち着くような体制を作る事も有効です。

次にお話するのは、精神的なストレスなどがもたらす影響です。実は精神的なストレスは、ニキビと深く関わっています。ストレスは、体内から肌へと影響していきます。出来るだけストレスを溜め込まないように、自分なりのリラックス法、解消法を見つけると良いでしょう。

その中でおすすめなのが、ストレッチやアロマテラピーです。ストレッチは、呼吸を止めずに節々を伸ばし、それによって血液に酸素を送り込むので体がリラックス状態になります。

アロマテラピーなどは、嗅覚が刺激される事により、脳がリラックス状態になるので脳そのものから、全身に至るまでリラックスさせるには最も効果的かと思います。このように、自分に合うストレス解消法で、日頃の日常生活を過ごし、ニキビの原因となるストレスそのものをなくしていきましょう。