誤ったニキビケアの仕方

正しいニキビケアをマスターしましょう!

誤ったニキビケアの仕方

普段から注意していたはずなのに、気づけばニキビが出来てしまっていた…!なんて経験、ありませんか?

そんな時に、誤った手入れの仕方でケアしてしまうと、かえって状態を悪化させてしまう事にもなりかねません。ニキビを予防する為に、肌をいつも清潔にする=洗顔を毎日する事は、もちろん大事ですがやはり何事も、限度はありますから、やりすぎは注意ですよ。

洗顔を必要以上に行うと、肌を乾燥させてしまい、バリア機能を低下させるので肌が敏感になり、乾燥をカバーしようと皮脂量も当然増えるので逆にオイリー肌になり、ニキビが出来やすい肌状態にしてしまうからです。

また、敏感肌や乾燥肌をケアする為に、手作りの石鹸を使用している人も多いそうですがその石鹸に使用されている油の種類にも注意が必要です。

例えば、オリーブオイルを多く含んだ石鹸は、オレイン酸が豊富で、ニキビの原因となるアクネ菌を増殖させてしまう事があります。

オレイン酸は、オリーブオイルだけでなく、椿油にも豊富に入っていますがその構造は皮脂に似ており、肌馴染みも良く、保湿や抗酸化作用の働きもあるので化粧品やヘアケア商品の原材料として、よく配合されているのですがニキビとの相性となると、実は悪いと言えるのです。

そして、スクラブやピーリングなども、ニキビの部分に余計な刺激を与える事になるので、悪化させる恐れがあります。

スクラブ自体は、肌の古い角質や、取りきれていない汚れ等を除去する効果があるので ターンオーバーを正常に戻すには有効な方法ですがもしスクラブをするのであれば、粒子の細かい、低刺激でソフトな肌触りのものを使いましょう。

最後に、マッサージとエステについてですが、どちらも、皮膚科医ではないので、まずは専門医に相談をして、施術を受けても良いのかどうかを、予め把握する方が良いと思います。自己判断で悪化させてしまうと元も子もないのでその点を踏まえて、施術を受けるかどうかの判断をおすすめします。

ただ、一般的にはマッサージもエステも、ニキビがある場合は施術を受けない方が良いとされている意見が多いようです。