ニキビ跡を残さない為に、実行すべきニキビ対策とは

ニキビ跡消す → ニキビ跡消す為に知りたい、ニキビという皮膚疾患について

ニキビ跡消す為に知りたい、ニキビという皮膚疾患について

ニキビというのは皮膚疾患の1種です。特に思春期に多く見られ、毛包部分が炎症や化膿を起こします。

あまりにも一般的な疾患なので、ニキビくらい大丈夫、ほっとけば治ると思われがちです。この為、治療が遅れてしまうケースがあり、クレーターのようなニキビ跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡というのは簡単に消えるものではないので、悪化する前に治療を受けたほうがいいでしょう。

ニキビに限った話ではありませんが、皮膚疾患というのは精神的な影響を受けやすいです。 中でも顔に出るニキビというのは精神的な負担となり、そのストレスでさらに悪化してしまうことがあります。この悪循環に陥る前に、早期の治療が求められます。

思春期以外でも、大人になってもニキビに悩まされている人も多いです。女性は40歳くらいになっても改善しないことがあるくらいです。この場合は適切な治療と並行して、生活習慣を改善したほうがいいでしょう。

ニキビの症状は面皰(めんぽう)、炎症、膿、ニキビ跡に分けられます。面皰は別名コメドと言われ、ニキビの初期症状にあたります。これは皮脂が毛穴につまったり、角質が固まることで毛穴が膨らんだ状態を指します。

中でも黄白色の塊を白ニキビ、毛穴が開いて皮脂の先が黒くなると黒ニキビになります。炎症の原因は、面ぽうが大きくなって毛穴を防いでしまい、嫌気性細菌のアクネ桿菌が活発化することで引き起こされます。こうなると毛穴あたりが赤く腫れてしまいます。

さらに症状が悪化すると真皮内に膿が溜まって腫れが大きくなります。この毛穴が破裂して炎症と痛みを起こす場合もあります。膿が出ていくことで、ニキビが自然と治っていきます。

こうした強い炎症を起こしてしまった場合は、色素沈着を起こしてくぼみができます。また、見た目はなんともなくてもしこりが残るケースもあります。残念ながらこれらは自然になくなることはないのですが、ケミカルピーリングによって改善することが可能です。